ブログ
BLOG

新しき仲間 チャレンジ(新入社員) FILLE6

ニットー人

2013.05.01

NITTOブログ ~スワンの日々~

色、質感、タイルのデザインを決定する釉薬。

その調合(レシピ)を考える弊社釉薬開発部門に、

かって携わった女性はいません。

タイルの業界においても、あまりに特殊で職人肌の

強い仕事ゆえ、男性の専門職種になっている過去、現在。

そんな釉薬開発部門に新しい風が吹き込んできてます。

尾美 佳那会 (OMI KANAE) 22歳

岐阜大学工学部応用科、今春卒業。

そこで学んだことは、物質、分子、その組み合わせによる新しい

物質創造の世界

伝統色が強い釉薬の世界にも、まさに新しい創造の世界が必要。

救世主となる運命を担い,彼女がタイル業界にやってきたと

私は勝手ながら思っています。(彼女にとってはプレッシャーかな)

NITTOブログ ~スワンの日々~

彼女の入社動機でもあるアットホームで活気がある職場の中、

日々経験を積み、釉薬の仕組みを身に着けプロフェッショナル

になっていくわけですが、成長に終わりはございません。

時には不思議と思い通りに色を操る事

が難しいと感じる事もあるでしょう。

たった一枚のタイルでも、様々な人たちがかかわり、手間暇をかけ、

それぞれの想いをこめ、出来上がったものです。

そこには机上の理論では、測る事ができない不思議な出来事

もあり、新しい発見があります。

人の気持ちの理解も含めその発見は、

仕事の面白さの醍醐味につながっていくはずです。

NITTOブログ ~スワンの日々~

実験研究大好きな理系の女性は、インドア派が多い?(偏見?)

しかし、彼女は全く逆のアウトドア派の女性です!

趣味は中学生の頃から続けているテニス。

休日には友人とテニスコートを借り切って行うことも多く、

体を動かす事が大好き。(たぶんタフ)

自分の価値観、視野を広げる楽しさを求め、国内外を問わず

洋々な所に出かける旅行好きでもあります。(ヒッチハイクもできたりして)

NITTOブログ ~スワンの日々~

どんな人でもすぐに仲良くなれそうな性格の持ち主。

将来、明るい彼女の感性を生かし、

建築建材の領域を超え、、

衣装として魅力ある彼女色のタイル

作ってくれると期待しています。

スワンタイルに、また一つ楽しいスパイスが加わりました。

若尾 幸裕


最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事は私が書きました!

swantile

皆様からの施工写真を大募集 SWANTILE PHOTO CAMPAIGN 皆様からの施工写真を大募集 SWANTILE PHOTO CAMPAIGN